読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガのこと、デザインのこと。そして、子育てにまつわる日常のことや乳がん治療の記録。

入院中、役立ったモノコト

f:id:misumirie:20161025210251j:image

明日で退院、8日間の入院生活でした。入院時にこれは便利だったなー、というものをまとめておきたいと思います。いつか、どなたかの参考になれれば幸いです。

 

◎フック(何個か持参)

なにがしかを掛けておくことができるので便利。手術をしたあとは動くことがだいぶ困難になります。初日にお部屋の使い勝手を向上しておくと後が楽です。

 

◎ペン立て(マグカップ)

私はマグカップをペン立てとして使用したのですが、箸やスプーン、体温計、ストロー、歯ブラシなどをスコンと入れるだけで机の上の整理整頓になりました。

 

◎ビニールの花瓶

手術後は気持ちも落ち込みがちになるので、生花はオススメです。ワレモノの花瓶だと万が一割れたら大変なのでビニールタイプのものがあると気も楽です(上のダリアの写真)

 

◎ベリーショート

入院前にベリーショートに髪を切りました。術後はドレーンが抜けるまで入浴できません。でも頭は痒くなる。術後3日目以降から頭と下半身をシャワーしていました。傷口もまだ痛むのでチャチャチャと簡単に洗えてすぐに乾くので助かりました。

 

◎前開きのパジャマ・ブラジャー

入院中はほとんど毎日、先生の回診があります。そのときすぐに患部を見せられる前開きのパジャマとブラジャーだとストレスフリーです。パジャマは無印良品でダブルガーゼの紺色の長袖シャツを、ブラジャーは手術後に使うホックタイプのワコールのものを買いました(乳がん専用のもの)。

 

◎絵葉書

入院生活後半になると、傷口も体力も気力も回復してきます。お世話になった方へお礼のお手紙を書くと有意義です。

 

◎ノート

お見舞い品をいただいたらそのメモをしたり、日記を書いたり、本で気になるところを写し書きしたり、なんでもノートがあると便利です。

 

f:id:misumirie:20161025211322j:image

上の写真のグッズたちも重宝しました。友人からいただいた品々です。

 

◎ヒーリングハーブス フラワーエッセンス

はじめて使用してみたのですが、心の支えにおおいに役立ってくれました。お水に数滴入れるだけ。緊急時のとき、気持ちを落ち着かせたいとき、傷口を早く癒したいときに。

 

◎小さいまくらクッション

術後、腕をのせて位置を高く保ったり、寝たきりからくる腰痛のときに使用しました。

 

◎カーディガン

病院内は若干暑く、半袖でちょうど良いかんじでした。カーディガンを着たり脱いだりで体温調節が簡単にできました。術後は前開きの服が楽チンです。

 

◎お守り・メッセージカード

常に近くに置いて守っていただきました。みんなの存在か近くに感じられたので心強かったです。

 

そんな感じかな? もしまた思い出したら付け足していきますね。