読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガのこと、デザインのこと。そして、子育てにまつわる日常のことや乳がん治療の記録。

保育園の選考基準はどこなのか

f:id:misumirie:20170219222221j:image

2017年4月入園の認可保育園の入園希望を出したのですが『待機』という通知が届きました。ここでも、乳がんになってからはじめて知ったことがあるのでシェアしたいと思います。

 

保育園の選考基準は【点数】です。役所が決めた“基準指数表”というのに基づき、高い点数の家庭から希望の保育園へ割り当てられます。たとえば、夫婦共働きで 週5の8時間勤務していれば、1人20点 ×2=40点。ほとんどの家庭が共働きで40点は持っているので、そこからどうやって 1点〜2点プラスして上回るかが『入園』のカギとなるそうです(市役所の担当者談)。

 

そこで、うちの場合。私は乳がん治療中。子育てしながら、通院で放射線したり抗ガン剤したりしているので、お仕事はお休みして治療専念中。私の場合は、フルタイムの人より2点少ないのです(居宅内療養で通院加療を要する状態は18点)。多くの家庭では40点からどうやって41点にするかで競っているのに、うちの家庭は2点少ないから38点。応募しにいったときに「点数低いので入れないと思います」と、結果が出る前からガッカリな言葉を聞かされてしまいました。

 

《どうすれば40点以上になりますか?》と問い合わせたところ、「フルタイム週5で8時間勤務しながら、病院に通院していれば2点プラスの42点になります」とのこと。乳がん治療真っ只中で、その選択を強いられるというのは、ちょっと精神的にきびしいです。

 

こんな状況のお母さんやお父さんが、他にもいらっしゃるのかしら、、、と思うといたたまれなくなりました。かなしいし、なんとかせめて、2点あげて20点にしてほしい。役所が決めた点数基準に疑問を感じています。地元の議員さんに“基準指数表”を持参して直接伝えに行く予定です。改善してほしい切実な願いです。

 

いまもどこかで、子育てしながら自分の病気とも向き合っている方がいらっしゃるのではないかしら。それも、核家族だと頼る人も近くに居ないので不安もあることでしょう。。

 

我が子はかわいい。全力で向き合いたい。保育園とご縁がなかったのだと氣持ちを切り替えて、体調管理をしながら、生活に工夫をしながら、娘と濃密な時間を過ごして行こうとおもいます。写真は、地元のお友達と公園の滑り台にて。