ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガや子育てにまつわる日常のこと。そして、乳がんになってから感じたことなどを書いています。

思い出した

f:id:misumirie:20170726150410j:image

モノづくりしながら、いろんなことを考えています。心の整理みたいな作業。1人で黙々と没頭するのは瞑想状態に近い感じになるので、私にとってはとても大切な時間です。

 

過去にある方から言われたことがあります。私は過去に一度経験をしていて、未来から今を見ているのだと。なので、これから起こる流れがなんとなく分かるし、不安がなく進んでいると。迷いがないのだと。そして、悩んでいるときはただ、忘れてしまったから思い出せずに悩んでいるのだと。

 

さきほど、娘に大きな声をだして、娘の声を制してしまいました。だんだんと頑固になり言葉が達者になり嫌がらせをしてくる娘。母親としての在り方をどうすべきか、モノづくりをしながら考えていたら、、、そうだ!と思い出しました。点と点がつながって線になったような感覚に近いです。備忘録としてブログに残しておこうと思います。

 

‥‥‥

私は、鬼のような感情を出してしまうときがあります。もうイライラマックスのときに。

 

娘は、生まれてからすぐに私に伝えたいことがあると(たいわ師さんを通じて)言ってきたことは、「私をぜったいに怒鳴らないでね」「他の子どもと同じように接してね」と。

 

そして、なぜ私がヨガと出会って先生として教えているのか。なぜ親子ヨガの先生として依頼が来たのか。なぜ夫の両親と同居しているのか。

 

そして、なぜ気功の先生が「静かに立つ」ということをアドバイスしてくれたのか。あなたのこれからのテーマは「愛」だと言ってくれたこと。

 

もう、これらの点が線につながりました。今世のカルマなんだ。「心穏やかに生きること」。私を選んで生まれて来てくれた娘が、身をもって教えてくれようとしていること。「鬼にならず、感情のままに怒鳴るのをやめなさい」。ということなのだ、、、(ああ、えらいこっちゃ)と、モノづくりしながらハッと気がついたのです。

 

同居の意味も分かりました。私がちゃんと愛を持って子育てできるようにするための「見張り役」なのです。きっと、私が穏やかに娘と笑いあっているとお家の人たちはすごーーーく安心するんだと思います。(おうちの人たちもそのことを分かっている気がする)

 

なるほどなーー。うん。病気もそのことに気がつかせてくれたのかもしれない。謙虚に生きなさいと。そして、すべてに(病気に対しても)愛を持って向き合いなさいと。

 

……

 

読み返すと、なんだかとってもあやしい人(笑)すみませんです(笑)