ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガや子育てにまつわる日常のこと。そして、乳がんになってから感じたことなどを書いています。

子育てに活用したいこと

 伊藤華野先生の「こどもヨーガ」ティーチャートレーニングへ三軒茶屋にある昭和女子大学まで通っています。実家に娘を預けているので、じぃじとばぁばの協力があるからこその、ありがたい学びです。

 

今日で2日目の学び。初日は1日中座学。華野先生のどんどんでてくる情報のスピードに圧倒し、頭の中が混乱でいっぱいになりながら(途中メモを取るのもあきらめた笑)なんとかついていきました。日本の幼稚園、保育園、こども園の教育方針に則って教えてくださるので、確固たるもの、ゆるぎないものを感じています。

 

さて、実家から三軒茶屋まで片道1時間30分。下の本を読んでいます。いまのトレーニングの学びとドンピシャリ。

 

こどもはママのちっちゃな神さま

 

脳は、潜在意識90〜95パーセント。顕在意識4〜5パーセントの大きな引き出しと小さな引き出しに分かれているそうです。大人になると、それらの間に膜ができて潜在意識は心の奥深くに貯蔵されてしまうのですが、7歳までのこどもは、脳が完成されていないのでその膜がなく、すべてのことが潜在意識に入るとも言えるそうです。

 

なので、そこまでの子育てがすごく重要で、こどもの自己イメージが決まるのだそうです。「大人が言ったことがそう成る」。

 

「あなたは素晴らしい子ね」というと「わたしは素晴らしい子」。「あなたはダメな子ね」というと「わたしはダメな子」。

 

潜在意識の中に入った、その自己イメージを持って、その後の人生を送るそうです。

 

おやこヨガのクラスでも活かせそうだし、自分の子育てにも活かせそうな内容でしたので、こちらでもシェアしました。「愛」って死ぬまで大切な、学びが多い、おおきなテーマですよね。