ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガや子育てにまつわる日常のこと。そして、乳がんになってから感じたことなどを書いています。

おやこヨガのスケジュール

f:id:misumirie:20171115110635j:plain

おやこヨガ

 

今後のおやこヨガスケジュールを以下にまとめますね★

◎ 12/3(日)10:00〜11:00 @cafe aona(あおな)(調布駅から徒歩3分)

◎ 12/4(月)11:15〜12:15 @YOGA HOUSE 秦野(小田急渋沢駅から徒歩5分)

◎ 1/8(月)11:15〜12:15 @YOGA HOUSE 秦野

◎ 1/21(日)10:00〜11:00 @cafe aona(あおな)

→→ 詳細・ご予約は、コチラまでどうぞ。

 

昨日、ヨガハウス秦野の同僚と近況報告を兼ねてお茶してたところ、12月のおやこヨガの予約がすでに5組入っていることが判明!!とても嬉しかったです。《予約数にふりまわされず、丁寧に自分のできることをコツコツとヨガの学びをシェアできればいい。》と思ってはいるのですが、ヨガスタジオに雇われて所属しているところは生徒さん来てくださったほうが、「成果」という形で会社に貢献できますので、ホッとします。

 

おやこヨガは、教育のひとつとして私は捉えています。ヨーガを「遊び」からはじめて繰り返していくことで、こどもたちはヨーガで得られる自分のからだに気づき、自分の「いのち」の力を知ることができるでしょう。「いま、どんな感じがするのかな?」と何度もクラス中に問いかけていきます。その「内観する」ことを習慣化できるように訓練していく時間でもあります。

 

こどもが自らの力で、悩みやイライラと向き合い乗り越えられる力を、私たち親がきっかけを与えられるようにしてあげたいものです。

 

そして、私たち親も、こどもと真剣に遊ぶ1時間を繰り返し過ごすことにより、「こどもとしっかり遊んだ!」という笑顔の自信を積み重ねていきます。積立貯金のようにその「笑顔自信」が溜まっていくと、こどもとの絆がどんどん太くなっていくことでしょう。

 

こどもが言うことを聞かない、駄々をこねるので困っている、、などの育児の悩みはつきものなのですが、そういうときこそ、自分自信に問題がないか見ていっていただきたいと思います。親である私たちが「イライラしていないか・呼吸が浅くなっていないか・こどもと向き合う時間は十分にとれているか」。こどもたちは、敏感に親の状態を察知して反応しています。

 

胎内記憶の研究をされている池川明さんが講演会でお話されていました。「普通に気分が良いときの顔は、外から見ると《真顔》に見えているそうです。120%で笑ってはじめて《笑っている》と認識されるそうです。」こどもたちは、親の顔色をいつも見ています。お母さんを笑顔=幸せにするために産まれてきています。こどもの最初のミッションはお母さんを笑顔=幸せにすることだそうです。

 

なので、この「笑顔」は、私たち大人にとって、非常に大切な毎日のテーマなのであります。おやこヨガでお待ちしております。