ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガや子育てにまつわる日常のこと。そして、乳がんになってから感じたことなどを書いています。

死生観への扉

f:id:misumirie:20180807180519j:image

伊藤華野先生のトレーニング最終日。

 

子どもへの「生きる力」とは「知育、徳育、体育」。徳育は“得育”ではなく、人に対して良き行いをする「徳」であり、徳を積むことの大切さを教えることもYOGAなのですよ。と。魂は根底ではみんな繋がっていて、喜ぶことをすれば、自分も嬉しい。だれかが悲しかったら自分もかなしい。そういう、人としての在り方からまたあらためて教えていただいた貴重な時間でした。

 

先日、ある写真をみて『ああ、私が早くに死んだとしても、この世は成り立って流れていくんだよな』と瞬間的に感じたことがありました。虚無感にさいなまれ、ショックをうけている自分に気がつきました。

 

でも、そうなんです。それは誰でも平等にある「死」というもの。そこに気づくということが大切なんだと思います。いつかおとずれる「死」というものが来るまでにどう「生きる」か。

 

また華野先生から気づきを与えてくださいました。まだ漠然と私の中にあってモヤモヤしているこの事を、咀嚼して観ていきたいな、と思います。

 

#認定こどもヨーガ教師