ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガや子育てにまつわる日常のこと。そして、乳がんになってから感じたことなどを書いています。

引き算で豊かになる

f:id:misumirie:20180911080809j:plain

★以下は、満月と新月のペースで配信しているメルマガの内容です。

 

9/10は乙女座新月でしたね。新月は何か新しいことをはじめるのに良いとされていますよね。私はデッサン教室へいって参りました。まったくの初心者のわたくし。もうヘタッピすぎて、心が折れるしテンション下がるし…の渦中、新しい見方に「なるほどなー!」と思ったことをシェアしたいと思います。

 

デッサンを描くときは、光と影をとらえて描いていくので、だいたいの構図をつかんだら次は被写体全体を見て、面で区切って光と影を見ていくそうです。

 

光と影でしかその物体を見ない時間は、とても瞑想に近いです。ただただそこに「在る」光と影の観察。描いているときはぜんぜん「物体」に見えないんです(光と影しか見てないので)。

 

あれ??これでいいのかな? 手を動かしてるわりには個体として描かれていないような…??と不安に駆られまくりました(邪念)。だけれど、一息ついて遠くに絵を置いて俯瞰してみたとき、、、な・ぜ・か! ちゃんとそこに「物体」は「在る」んですよね〜〜。マクドナルドのポテトS がしっかりと描かれていた! 近くで描いているときには見えない。不思議〜〜〜

 

今までデッサンは足し算だと思っていました。全体像を把握して下書きしたら、描いて描いて影を濃くして完成形へ進んでいくんだと。

 

でも、絵の先生からのアドバイスは、全体の影を描いてから、消して消して整えていく。というやり方だったのです。

 

もう、これにはびっくり! 「デッサンは引き算なんですねー。」とお伝えすると「そう、彫刻も同じ。大きな形から削ぎ落として出来上がるでしょ」とのこと。

 

………

絵を人生と見立てて考えていくと面白い。人生にも通じます。「もっともっと」という気持ちを捨てて、欲や執着を捨てていくと心が楽になり、ありのままの自分になる。。。なかなかそれが難しいから、くっついて不要なものをヨガをしたり瞑想を通して気がついて消していく。

 

そうしてどんどん「私」という存在は、足されては消し、足されては消し。描いている途中はどんな絵ができあがっているのか自分はわからなくて。もがいては進み、もがいては進み。振り返った時に、ああ、こういう絵だったんだなぁと、そうやって人生という深みになって味になって行くんだなぁと。(デッサンしながらそんなこと考えてる私は職業病でしょうか 笑)

 

子どもはまだ1本の線かもしれない、いや 10本くらいかな? キャンパスはまだまだ白くて無限の可能性。だから心もまっさらで。そんな白いキャンパスは大人はどうやってもマネできないですよね、引くものがない。究極の存在なのですねー。

 

もちろん、どんどん足して豊かにしていくことも素晴らしい。どんどん大きくなる塊(かたまり)があるからこそ、引き算することができるし どんな形にも変えることができる。引き算することは、ひとつのアクションそのものなのだなぁ、とデッサン教室で考えたミスミリエでした(^^)

 

みなさまも「今日はどんな引き算しようかな?」と意識してみるとおトクかもしれません★

 

・・・絵の出来はというと、、笑っちゃうくらいヘタッピでしたよ! 引き算の修行が足りません。まだまだ精進しなければなりませんね★ どんなところにも学びはあるなぁ。。。上の写真は題材にしたマックのポテトです(笑)絵はもっとうまくなってから紹介できたらいいな。

 

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴

ヨガのこと、健康のこと、子育てのこと。

ご興味ある方、メルマガ登録はこちら

ミスミリエのヨガクラス情報 メルマガ登録

∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴