ミスミリエのヨガと毎日の生活

ヨガや子育てにまつわる日常のこと。そして、乳がんになってから感じたことなどを書いています。

娘のこと

f:id:misumirie:20190427091704j:image

先日、幼稚園で初の父母会。お母さんたちで子どもの自己紹介をしました。私の順番はちょうど真ん中くらいで回ってくる間、他のママたちが我が子の自己紹介をするのを聞いて待っていたのですが。

 

みなさんの子どもへの理解度がすごくて!!!我が子の性格や特徴、好きなもの、苦手なもの、スラスラスラーーと説明できてるのに正直、おどろきました。

 

と、同時に、私は我が娘がどんな子であるかうまく説明できない、、どうしよう。。と心で焦っていたんですね。

 

そんなこんなで準備ができてないまま私の順番。なんとか話したんですが「なんか違う。」いや「だいぶ違う。」

モヤモヤ残ったまま、その会は終わってしまいました。

 

彼女の性格はどんなものであるか、「決め付けたくない」と思っていたし「そもそも言葉で説明するんじゃなくて雰囲気で感じてるんだもの」という私の深層心理があることに気がつき。それを、お話しすれば良かったなぁ、、、わからないんですって、正直に言えば良かった。

 

……

話がちょっとそれますが、「幼稚園楽しい」と言ってる娘なのですが、送り迎えのときは毎日、顔と心が静かになって、笑顔がなくなってしまいます。

 

それが少し(んー、心配だな、なんか引っかかるなぁ)なんて思いながら。

 

きのう、担任の先生から「〇〇ちゃん、笑顔がどんとん無くなっていくんですが、おうちでは大丈夫ですか?」と聞かれました。(あー、やっぱり、園では静かに過ごしてるんだなー」と。

 

彼女は、

【仲の良いお友だちとは、ダンスしたりたくさん発言したりニコニコよく笑う。周りの人たちを深いところで観察し感じ、善人に心を開きやすい。ガサツな人、乱暴な人、パーソナルスペース守らない人は苦手(というか嫌い)笑。はじめての場所や人がいっぱい居るところでは、心をなかなか開かずゆっくり静かに過ごす。輪の中に飛び込んでいくときもあるけれど、かなり勇気を出して頑張って行く。

感情先行型ではなく、熟孝型なので、パニックになったり泣き叫んぶことはほとんどなく、ポツポツと言葉にして説明できる能力に優れている。子どもっぽくなく、そこらへんの大人より高い位にいるような不思議な感じ】

 

父母会以降、娘の性格について考えて出てきた私の今の説明は上記の感じになりました。

 

性格を説明するとき、悩みます。その説明をしたらそれだけが全てで聞き取られてしまうのがイヤだから。球体で捉えて、こんな側面があるけれど、裏もあって、見方を変えればこんな側面もある。それは無限に。そのどれかを説明すればいいんだけれども、私はそれが苦手(笑)。

 

でも、ここを利用させてもらって文章にしてみて、子どもが幼稚園で笑顔がないのは、小さい1歳くらいからそうだったなーと思い出しました。じっくりその場を観察。ゆっくりゆっくりその場に慣れて。

 

幼稚園で笑顔がないのもそれでいい。まだ1ヶ月も経ってないのだから。

 

先生が、「感情むき出しにしてワーッと泣いてくれればいいんですけどね」とおっしゃってくれて「そうですねー」とお伝えしたんだけれど、その伝え方も母としては違った。いま考えると、そんな風に泣いたりは彼女はやらないかなぁと思う。彼女のやり方、過ごし方、性格。すべてそのまま、それでいい。

 

ついつい、大人は子どもに良かれと思って、「こうしたほうがいい」「こうなってほしい」と押し付けがち、決めつけがち。でも、それは100パーセント全員に当てはまるわけではなく。そこに気が付ける大人であるか、保護者であるか、学校であるか。

 

こんな熟孝型の母でごめんよ、娘よー。写真は、毎朝送ったあとにお参りしている大好きな神社。

 

今日も良い一日を! いつも読んでくださってありがとう😊😊😊