ミスミリエのヨガとハンドメイドと毎日の生活

ヨガや子育てやハンドメイドのあれやこれや

いのちをいただくことの意味

f:id:misumirie:20210104131542j:image

東城百合子先生のあなたと健康社

昨年から調理実習へ通っています。

 

[いのちをいただく]

[いただいたいのちで生かされている]

 

そんな意味をなんとなく分かって感謝して

食事を心がけていたのですが、

ここの食養を学ぶようになってから

お料理中の生ゴミが大幅に減りました。

 

食べられるものはさいごまで

ありがたくいただく。

 

今まであたりまえに捨てていた

大根、じゃがいも、にんじんなどの皮や

小松菜などの青菜の根っこ、

野菜などのヘタ、

 

1番だし2番だしでとった

かつおぶしや昆布やにぼしなども

ふりかけにしたりしていただきます。

 

そういうものを調理して

1品2品、食卓におかずとして

提供できるようになると

 

私の気持ちが高揚します。

嬉しがっている私がいるんです。

そして、食べても美味しくて楽しい。

 

そうなんです、こういうことを

年輩者から教わりたかったのです。

昔の知恵、大切なこと、

代々伝わってきている風習など、

ちゃんと教えてくれる人や場所。

 

後世に伝えていくことは

教える側は、めんどうだけどとても大切です。

私もそんな知識をいっぱい身につけて

娘に伝えていきたいと思っています。