ミスミリエのヨガとハンドメイドと毎日の生活

ヨガや子育てやハンドメイドのあれやこれや

【ヨガ】怒りと正義という感情をセットにしない

f:id:misumirie:20210416100146j:image

心がうつす悲しみに震え、
憎しみに熱くなり、
嫌悪に身をよじり、
怒りに我を忘れる。

 

今までの経験で誰もがあると思います。


私もたくさんあるし、
後悔や罪の意識で苦しみました。

 

先日クラハでなるほどと思った言葉があり、
今日はそのことについて、調べながら
ヨーガスートラと照らし合わせてみます。

 

変な正義感から、それが
怒りへ発展してしまうこと、
私はよくあります。

 

あれー? 人のためと思ってやっているのに
私はイライラ怒って悲しくなって
相手からも感謝されずに
なぜ、孤独を感じているんだろう?と。

 

昔の話ですが、

毎朝、遅刻してくる先輩がいました。

私と先輩、社長の3人の職場はアパートの一室。

社長は午後出勤なので、午前は先輩と2人です。

 

急ぐ素振りもなく遅れて出社、

ノーメイクで帽子をまぶかにかぶって

暗い感じでタイムカードを押す先輩。

その後、メイクをしに30分以上、

トイレにこもります。

 

その間、私はトイレに行けないし、

彼女はタイムカードを押して時給が発生しているにも関わらず、トイレから長時間出てきません。

 

私は正義感が強かったので(今もですが)

イライラしていました。まさに今回のタイトル。

怒りと正義という感情をセットにしていて、

変な正義感にとらわれて、関係もギクシャク。。。

 

人数が少ない職場と、狭い空間での出来事に

私もどうしていいか分からず、

「嫌だ」という主観的な思いを、起こっている事実に上乗せして、感情と一緒に引きずっていましたね。

 

アヌシャイー(執着)となり、勘違いとなり、

それが苦悩となる、、、

そのループに陥って苦しみましたね。

 

で、過去の自分がその当時

気づいていなかったこと。

それは、

 

◎自分の怒りに正義を見出してはダメということ。

◎相手を自分の正義という名の怒りに追従させようとしていたこと。

◎相手にも相手の正義があること。

 

とはいっても、私の怒りがダメということではなく、その感情を少し俯瞰して客観視することが大事だったんですね。

一緒になって苦しんでいましたね。

 

自分の正義を大切にするために、

ほんの少し相手と距離を置ければ良かったなぁと

 

いま、このブログを書きながら気づきがありました。

 

相手との距離感大切です。

執着や依存になっていないか、今一度、冷静に見てみることをやってみたいなと思います。

 

#ヨガ #狛江 #喜多見 #和泉多摩川 #習い事 #ヨガスートラ #ヨガクラス #健康 #健やか #向井田みお先生 #子育てママ #子どものいる暮らし #哲学 #サンスクリット #RYT200 #小田急 #ハタヨガ #キッズヨガ #やさしいヨガ #初心者向け #呼吸 #呼吸法 #瞑想 #マインドフルネス #子連れ習い事 #未就学児 #シニアヨガ #細胞